情報公開

情 報 公 開

当園は社会福祉法第44条第4項に基づき、積極的に情報開示を行っております。

苦情解決公開

一覧をみる

苦 情 解 決

当園では、社会福祉法第82条の規定により、利用者からの苦情に適切に対応する体制を整えています。
職員誰もが意見を頂きますが、保育園における苦情解決責任者、苦情受付担当者及び第三者委員を設置し苦情解決に努めています。

苦情解決体制

苦情解決責任者 乾 勝彦 園長
苦情受付担当者 乾 知子 主幹保育教諭
第三者委員 廣田 稔 弁護士 <廣田稔法律事務所>

設置の目的

  1. 苦情等への適切な対応により、利用者の理解と満足感を高めることを目的とします。
  2. 利用者個人の権利を擁護すると共に、利用者が福祉・保育を適切に利用することができるよう支援することを目的とします。
  3. 納得いかないことについては一定のルールに沿った方法で円滑・円満な解決に努めることを目的とします。

解決の方法

苦情の受付
苦情は直接、苦情受付担当者へお申し出ください。
また、直接、園の責任者や担当職員に言いにくい場合は、第三者委員に申し出ることができます。
苦情受付の報告・確認
苦情受付担当者が受け付けた苦情を苦情解決責任者と第三者委員(苦情申出人が第三者委員への報告を拒否した場合を除く)に報告いたします。
第三者委員は内容を確認し、苦情申出人に対して、報告を受けた旨を通知します。
苦情解決のための話し合い
苦情解決責任者は、苦情申出人と誠意を持って話し合い、解決に努めます。その際、苦情申出人は第三者委員の立会いを求めることができます。尚、第三者委員の立会いによる話し合いは、次により行います。
  1. 第三者委員による苦情内容の確認
  2. 第三者委員による解決案の調整、助言
  3. 話し合いの結果や改善事項等の確認

苦情解決の報告

個人情報に関するものや苦情申出人が拒否した場合を除き、当ホームページにて公表し、園の改善に努めます。

苦情解決公表

都道府県「運営適正化委員会」の紹介

当園で解決できない苦情は、「大阪府福祉サービス運営適正化委員会」に申し立てすることができます。

http://www.osakafusyakyo.or.jp/unteki

TOPへ